×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

MENU

出回る台数が増加すると中古アリスト市場において

出回る台数が増加すると中古アリスト市場においては相場が下落する。タイミング悪く手放すと高査定は出ない。可能な限りフルモデルチェンジ前に売却するほうがいいのである。手放す相手についてわかったところで、『どうして複数店で査定をしてもらうということが、アリストを高値で売るということにつながるのか』。売ったアリストがその後どういうルートをたどるのかを見るとわかる。アリストナビなどの取り外せるものは新しいアリストに付け替えるのもよいでしょう。

 

 

次々新しいものが出て、すぐに旧商品になってしまっていることがある。

 

 

だから、アリスト査定額にそれほど期待することはできない。

 

売却するのがだらだらと遅れたら「いつになったら手放すのかわからない→高査定が付きにくくなる」のみならず、新アリストにも乗れなくなる可能性がある。そう考えることが大切である。

 

泥などで汚れていると査定士側は凹みやキズが見えにくいだけではなく、オーナー自身も把握していなかったキズや凹みなどが発見されることもある。

 

 

アリスト査定とアリスト下取りのどちらがいいかと考えたとき、アリスト下取りのほうが優れていると思っている方もおられるでしょう。確かに、アリスト下取りでは買おうとするアリストを愛アリストのアリスト下取り額で購入額から値引きが可能ですし、アリスト買取の手続きも購入手続きも同時に行うことができるので楽ではあります。

 

 

ところが、単純に売値だけを考えると、アリスト査定の方に軍配が上がります。

 

 

廃アリストはあくまでオーナーの意思によるものとなるため、廃アリストの前には自分をオーナーにしておかないといけない。
その時に、アリスト検証の所有者変更をする手間を除くための方法が何通りかある。
4月に始まる新生活の準備として“生まれて初めて自分専用のアリストを購入しよう”という人の希望に合うように、コンパクトアリストの場合は1月?2月頃に売却するといい。

 

 

新アリスト・中古アリストの販売店の場合では、アリスト買取りだけでなくアリスト下取りも扱っているという点がアリスト買取専門店と異なる。

 

 

以下、両者の特色をまとめます。

 

買い取りショップへ持ち込んだ場合、数人の査定担当者が点検する場合もあるので、その分だけマイナスポイントがあげられやすくなる傾向があります。