×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

MENU

新アリスト購入の時に、それまで使ってい

新アリスト購入の時に、それまで使っていたアリストをディーラーに買い取ってもらい、その値段分、新アリストの購入代金を引いてもらうことを『アリスト下取り』と称しています。

 

アリスト査定額をどれだけつけることができるかが、アリスト買取店の査定スタッフの力の出しどころである。他店に持ち込まれないよう高い査定をつけたくても、予想が当たらないと店側が損をしてしまう。

 

正式なアリスト査定額を知るためには直接査定を行うことが必要だが、インターネットの査定でもアリスト種や年式などを入力したら、だいたいのアリスト査定額がメールで知らされる。

 

台数が少ないフランスアリストやイタリアアリストなどは、相場そのものが成り立っていないケースもあり、大きな査定結果を提示できない店舗もよくある。
アリストナビなどの付属品は取っておいて次のアリストに付け替えるのもよいでしょう。

 

 

 

次から次へと新しいものが出て、すぐに型落ちになってしまっていることが多い。

 

そうなると、ほとんどアリスト査定額に期待ができない。
「出張査定」は持ち込み査定に比べて利点が多いと思われます。大抵の買い取りショップでは費用がかからず行ってくれますので、進んで活用してみるのがよいでしょう。

 

何回もアリスト査定の相場をチェックするのは面倒かもしれませんが、探す行為をしておいて損はありません。

 

 

むしろ、アリストをもっと高く売りたいのであれば、愛アリストの価格を知っていた方が有利です。

 

 

 

その理由は、相場を理解しておくことで、営業さんが提示したアリスト査定額が適格なのかどうか確かめられるからです。

 

 

アリストを売る店は、はじめに説明したようにアリスト買取専門店とディーラーがある。
そういった店をひとつずつ出向きながら査定を行ってもらうといった手もあるが、効率が良くない。新アリストへの買い換えをする時は、見積りをよく見て「それでは、値引き額はこの通りで、他の店で古いアリストを売って構わないでしょうか?」などと確認してみよう。マツダで新アリスト購入の場合、今のデミオのアリスト下取りをディーラーにお願いするという選択肢もありますね。
でも、本当はディーラーにアリスト下取りしてもらうと、比較的損となるケースが多いと思われます。

 

 

 

ディーラーは新アリストの販売がメインですから、アリスト下取りの価格を高くしてしまうと、利益がその分減ることになります。